記事の一覧はこちらをタップ
暮らし

冷え症の筆者直伝!生活の中でできる「冷え対策8つ」とおすすめの靴下

こんにちは、あやけん(@ayakenblog)です☀

夏も終わり、どんどん過ごしやすい気候になって、朝方や夜は少し寒かったり、冬に近づいてきているなぁと実感します😌

そこでみなさん

冷え対策」をしていますか?

私自身、「冷え」っていうのは自分がただ寒いだけで特に悪影響はないと思っていたんです。

冷えは万病の元と言われますが、

あやけん
あやけん
大げさな言い方やなぁ

って思っていました…💦

でも、本当だったんです。

「冷え」が原因でガンや女性の場合不妊症などなど…様々な不調を招いてしまうことも。

冷えは万病の元

今回は「冷え」が原因で生じる病や私が実際にやっている冷え対策8つを簡潔にまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

あやけん
あやけん
冷え対策で病を防ぎましょう!

まずはじめに「冷え」とは?【セルフチェック法】

体温計で体温を測ってみても体が冷えているわけではないけれど、何となく体に「氷」が入っているような感じがして冷たい–。

引用元:「漢方のツムラ」公式サイト

体温の問題ではないんですね…

冷えは個人の感覚で、いわゆる自覚症状なので、自分が冷え症ということを気づいていない人も多いそうです。

身体の表面が熱いので、身体の内部(芯)が冷えていることに気づかない💦

自覚症状がなので、私は冷え症じゃない!って思っていても、冷え症である可能性もあるということ😰

知らず知らずのうちに冷え症が原因で、病を発症している可能性も無きにしも非ず。

自覚症状がない方もいらっしゃいますので、一度セルフチェックをおすすめします。

▼セルフチェックはこちら▼

タケダ健康サイト公式HP
冷え症セルフチェック

またもう一つセルフチェックできる方法があります。

起床後すぐに布団の中で脇の下に手を入れた後、お腹を触ってみてください。

その際、お腹のほうが脇の下よりも冷たければ冷えている証拠だそう。

参考:「養命酒製造」公式サイト

「冷え」が原因で生じるたくさんの病気

  • 頭痛
  • 腰痛
  • 不眠
  • ガン
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 便秘
  • 下痢
  • 肩こり
  • 自律神経失調症
  • 肌荒れ
  • かさつき
  • くすみ
  • 皮膚疾患
  • 蕁麻疹
  • 婦人病
  • 更年期障害
  • 膀胱炎 etc.

こんなにたくさんあるなんて、本当に驚きですよね。

ガンや心筋梗塞、脳梗塞などの病を引き起こす原因にもなるなんて…

女性の場合、子宮や卵巣などが冷えることによって婦人病の原因となり、不妊症になることもあるそう。

あやけん
あやけん
冷えにはデメリットだらけ…冷えはこわい。

「冷え症」になる原因3つ

こんなにリスクがある「冷え症」になるの原因とは、なんなのか!

それらを紹介していきます。

参考:タケダ健康サイト

①栄養不足

  • 極度な食事制限ダイエット
  • 偏食

極度な食事制限や偏食の方は危険です⚠

栄養が偏り、栄養不足になることによって体温の元になるビタミンやミネラルが不足して冷え症の原因に。

〇〇だけを食べるダイエットなどは、極度な食事制限で偏食になります。

ダイエットしても「冷え症」になってしまったら、代謝も悪くなりますし本末転倒ですよね😓

②血行不良

  • きつい下着の着用
  • 露出の多いファッション

シェイプアップのためにガードルを履く女性も多いのではないでしょうか。

きつめの下着を着用すると血行不良になるんです。

私も以前、骨盤矯正のために専用のガードルを着用していましたが、履いていてしんどいのでやめました(笑)

血行不良を避けるために、ストッキングやタイツなども出来れば着用を控えたほうがいいですね😓

また特に夏場は熱いので露出の多いファッションになりますよね💦

でも自分が少しでも冷え症だと自覚している方は、できるだけ避けましょう。

➂自律神経の乱れ

私たちの体はどのようにして一定の温度を保っているかご存知ですか?

自律神経の働きによって保たれているんです。

しかし空調の効かせすぎによって室内外の温度差が激しくなると、血管を収縮・拡張させて体温を調節している自律神経が乱れ血液循環が悪くなり冷えるということ。

「冷え」を予防する方法【冷え症対策・冷え症改善】

では、「冷え」を予防するために私たちが日常生活でできる方法を紹介します!

ずぼらな私でも実践できていることなので、ぜひ参考にしてください🙋

生活の中で取り入れられる「冷え」対策8つ

  1. 起床後に1杯の白湯を飲む
  2. 冷たい飲み物、食べ物はできるだけ避ける
  3. 食事の際、温かい汁ものや飲み物も一緒に
  4. シャワーだけで済まさずにお湯につかる
  5. 露出の多いファッションは避ける
  6. 頭寒足熱を意識したファッションを
  7. 適度な運動をする(20分ウォーキングetc.)
  8. 体を冷やす食品をなるべく避ける
体を冷やす食品(一部)

きゅうり・レタス・トマト・バナナ・メロン・スイカ・パイナップル・麦茶コーヒー牛乳豆乳など

あやけん
あやけん
飲み物は私が常飲してるものばかり…

以上8つは基本的に特に必要なものなどはないので、すぐに始められることがほとんどだと思います。

なので、ぜひ実践してみてください😌

冷え症の私がおすすめする「冷え」対策のアイテム

夏場は上記の8つの対策で解決できることがほとんどですが、冬場はそうはいきません。

そこで、冬場は「冷え」対策のアイテムを使うのをおすすめします!

足の冷えない不思議なくつ下 超厚手

足の冷えない不思議なくつ下」のシリーズは有名ですね✨

足が冷える方には特におすすめですが、冬場の保温靴下は必需品です。

この靴下は高密度パイルと2枚重ねのあったか仕様で、血行不良になりそうな締め付けもありませんのでおすすめです😌

あやけん
あやけん
少しお値段は高めですが…(笑)

②極暖 足が出せるロングカバー

こちらもおすすめの靴下です。

クマみたいで可愛いですよね💓

こちらも締め付けないゆったり設計で、熱いときは履いたまま足先だけを出すこともできるんです😲

あやけん
あやけん
めっちゃ画期的!

まとめ

今回は「冷え」について、紹介させていただきました。

POINT

「冷え」は万病のもと

  1. 頭痛や不眠、肌の不調など様々な不調が生じる
  2. 最悪の場合ガンや心筋梗塞、脳梗塞の可能性も
  3. 女性の場合、婦人病から不妊症になる可能性も
  4. 「冷え」は生活の中の一部を変えるだけで対策することができる(例:朝一杯の冷水を白湯に、できるだけ冷たいものを避けるなど)

この記事を読んで、みなさんに少しでも「冷え」が恐ろしいものだということが伝わればと思います。

1か月前までは暑くて暑くて溶けそうだったのに、今はもう寒くなってきていて、体温調節が大変ですよね…💦

季節の変わり目でお体を壊さないように、みなさんお気をつけください😌

あやけん
あやけん
「冷え」対策で冬を万全の状態で迎えましょう!

以上、冷え症の筆者直伝!生活の中でできる「冷え対策8つ」とおすすめの靴下、の話題でした。

最後までご覧いただきありがとうございました💓